目の下の茶クマ原因別解消法|イキイキとした印象を取り戻す簡単ケア

目の下の茶色いクマ、女性にとっては本当に憂鬱ですよね。

疲れて見えるし、老けて見えるし、いいことなしです。

消そうと思っても消えないし、隠そうと思っても隠れてくれないし。

この記事では、茶クマの原因と解消法についてまとめていきます。

毎日悩まされているという方はぜひチェックしてくださいね。

あなたの目の下が茶色くなるのは、主に以下の3つの原因が考えられます。

それぞれの解消法も合わせて読んでみてください。

茶クマの原因その1:たるみ・しわによる影

目の下の皮膚は薄く、シワが寄ったりたるみが出やすい場所。

立体的な変化が出ると、陰影の関係で目の下に影が出来てみえてしまいます。

目の下はほうれい線と並んで年齢の出やすい場所ですから、歳を重ねるにつれて茶クマが目立ってきてしまうのは、どうしても避けられません。

リフトアップ効果のある基礎化粧品を使い、なるべくハリを保つようにしましょう。

たるみがあっても、かさついたシワがないだけで明るく見えるので、保湿は入念に行ってくださいね。

スポンサードリンク

茶クマの原因その2:刺激による色素沈着

上で書いたように、目の下の皮膚は薄いので、刺激にも弱い場所になっています。

この「刺激」というのは、私たちの身近にも実はたくさん潜んでいるのです。

乾燥によるバリア機能の低下

乾燥した皮膚は、肌を守るためのバリア機能が失われている状態です。

そのため、ありとあらゆる刺激に弱くなってしまっています。

以下に刺激の例を挙げていきますが、まずは乾燥を防ぐのが第一です。

通常の保湿では物足りなくてかさついてしまう、という場合はアイクリームを使いましょう。

しっかりと保湿されている皮膚は、あらゆる刺激に強くなります。

紫外線によるメラニンの生成

紫外線を浴びるとメラニン色素が作られて皮膚の色に影響を与える、というのはご存知の方も多いと思います。

もちろん目の下の皮膚も例外ではありません。

紫外線は夏の晴れの日だけではなく、どの季節でも、曇りの日でも降り注いでいるもの。

化粧下地に日焼け止め効果があるものを使うのがお手軽ですが、すっぴんで出る時などは、帽子を被るなどしてケアしたいですね。

かゆみによる物理的な刺激

かゆみの原因はいろいろありますが、よくあるのが「花粉」と「髪の毛が接触することによる刺激」です。

これらの刺激によってかゆみが生じ、爪で引っ掻いてしまったりこすってしまったりすると、その刺激でメラニンの生成が活発になり色素沈着のもとになります。

また、まつエクをしている人は、まつエクの素材が肌に合わないと、まばたきの度に刺激を感じることも。

違和感に気付いたら、違う素材に変えるのをおすすめします。

色素沈着には、週に一回程度の優しいピーリングや、ビタミンC誘導体を含んでいる化粧水を活用しましょう。

茶クマの原因その3:血行不良による「血の色の透け」

最後に紹介する原因は、血液が滞ってしまっている「血行不良」です。

皮膚が薄いということは、「皮膚の下に通っている血管の色が透けやすい」ということ。

その状態で血管内の血の流れが悪くなると、滞った血の色が透け、黒っぽく見えてしまいます。

血流が悪くなる原因として主なものは、

  • タバコを吸うことにより、血のめぐりが悪くなっている
  • ディスプレイなどを長時間見続けて目が疲れている
  • 顔色が悪くなるような冷え性である

などが挙げられます。

血行不良によるクマには、適度な入浴とマッサージが効果的!

おすすめの方法は、入浴時に蒸しタオルを目元に当てるというもの。

  1. まずはタオルを水で濡らし、レンジで1分ほど温めます。
  2. そのタオルを畳み、入浴時に目元に乗せて、しばらくリラックスします。(レンジから出したては熱いことがあるので、要注意です)
  3. タオルが冷めてきたら、タオルの畳み目を変えると暖かさが戻ります。

やがてタオルがぬるくなったころに外し、ほどよく温まった目元を指先で優しくマッサージ。

まぶたをグリグリ押し込むのではなく、目頭から目尻に掛けて、老廃物を押し出すようなイメージで撫でてください。

温まった状態だと、マッサージの効果も倍増です。

強くこすると逆に刺激になってしまうので、必ず「優しく」を心がけてくださいね。

まとめ

以上、ガンコな茶クマの原因と解決法についてのまとめでした。

いくらメイクを張り切ってもクマのせいで憂鬱!というあなたも、ぜひこの記事に書いた方法を試してみてくださいね。

クマはできるのにも消えるのにもそれなりの時間がかかるもの。

すぐに効果を求めるとがっかりしてしまうことも多いので、「肌を内側から根本的にキレイにしていく」ようなイメージで挑みましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする