顔の傷跡が茶色のシミに!2つの大事なポイントで素早く元に戻す

20歳を超えたあたりから、「ちょっとしたケガが跡になる」という悩みを抱える人が多くなってきます。

それまではすぐ治っていたような傷も、なかなか治らなくて、治ったと思ったら茶色の痕がシミのように残って・・・

あなたも経験していませんか?

足や腕ならまだ諦めもつきますが、顔だとかなりショックです!

ばんそうこうを貼るわけにもいかないですし、茶色の色素沈着はなかなか治らないんですよね。

そんなあなたへ、ここでは、

  • 顔の傷が茶色の跡になってしまった時の改善法
  • 傷が出来た時の正しい処置

などをご紹介していきます。

気になっていた傷跡は、正しいケアを続けると目立たなくできますよ。

よろしかったら参考にしてくださいね。

顔の傷跡が茶色のシミになってしまった原因と対策

顔の傷跡部分が茶色くシミのようになってしまったのは、ズバリ、メラニン色素の仕業です。

メラニン色素はシミを作る元になるものですから、傷跡がシミになったと思ってもらって構いません。

こうなってしまったのは、

・傷を作った時の刺激やダメージでメラニンが活性化された

・傷部分に紫外線を浴びてしまった

などが原因です。

「刺激、ダメージ、紫外線」これらを受けた皮膚は、皮膚を守るために、ボディーガード的な役割のある、メラニン色素を活性化させます。

一般的には、傷跡に出来た茶色いシミは「炎症後色素沈着」と呼ばれます。

外傷のほかに、やけどやニキビでも起こりますよ。

スポンサードリンク

炎症後色素沈着をきれいにするには?

炎症後色素沈着を薄くしていくには、

  • メラニン色素が活性化されないように気をつける
  • 茶色のメラニン色素を還元(薄く)するケアを始める

この2つが効果的です。

メラニンを活性化させないために気をつけること

メラニンをこれ以上活性化させないためには、以下のことに注意します。

紫外線対策を万全にする

まず紫外線対策ですが、普段お使いの日焼け止めで大丈夫ですので、しっかり塗っていきましょう。

例え季節が夏じゃなくても、紫外線は一年中降り注いでいます。

傷になった部分はすでにメラニン色素の分泌が活発になっていることが多いので、余計に紫外線の影響を受けやすいです。

また、顔は常に日光に常にさらされる部位なので、曇りの日や雨の日でも「毎日油断せずしっかり塗る」ことが大事なんです。

傷の治りかけに刺激を与えない

顔に出来た傷が完全に皮膚内部の細胞レベルで元に戻るには、数十日かかります。

その間、

・治りかけでかゆみがでても掻かない

・乾いてきても剥いたりこすったりしない

これが大事です。

また、髪の毛も傷には刺激になるので、注意してくださいね。

特に髪が長いと、すぐに傷口に触れがちです。

傷が治っていない時を含めて、髪には汚れが付きやすいので、傷口に菌を塗りこむような状態になってしまいます。

髪の毛を留めたり、まとめたりして、傷口にかからないようにしましょう。

茶色のメラニン色素を還元(薄く)するケアを始める

後から後から生成されるメラニンを、刺激を減らすことでストップできたら、次はメラニンそのものを薄くするケアを始めます。

これにはメラニンに有効な美白成分を使うのが良いです。

化粧品に使われる美白成分は、そのほとんどが、「これから発生するメラニンを抑える」と言う働きを持っています。

それに対して、ハイドロキノンという美白成分は、茶色くなったメラニン色素を還元(薄く)する力があります。

ですから茶色くシミのようになってしまった傷跡をなんとかしたいなら、迷わずハイドロキノンを使ってみてください。

ただし、通常ハイドロキノンという成分は顔の皮膚への浸透が良くありません。

そのためトレチノインという成分で一度皮膚を少し剥がし、そこから浸透させたりすることもあります。

また、ハイドロキノンは濃度の高いものの方が美白力はありますが、その分刺激も強くなります。

ハイドロキノンは濃度が高いほうが美白する力も高いけれど、肌への刺激も強くなる。
でも濃度が低いものはなかなか効果を感じにくい。

こんなじれったい(笑)美白成分なんですね。

肌の奥まで浸透するハイドロキノンを使おう!

顔の茶色の傷跡には、メラニンを薄くするハイドロキノンを使うのが一番いいということは、お分かりいただけたと思います。

ただどんなに美白する力があっても、浸透してメラニンへ届かなければ意味はありません。

ハイドロキノンを顔の傷跡に使ってみたいと思うなら、「しっかり浸透できるハイドロキノン」を選ぶことがとても大切です。

私のオススメはビーグレンの美白ケアです

浸透しにくいハイドロキノンを、国際特許を取ったQuSome(キューソーム)というカプセルに入れて、メラニンまで直接届くようにしています。

(カプセルといっても髪の毛の500分の1の大きさです)

通常美白化粧品は、皮膚バリアに邪魔されてなかなか奥まで浸透できないのですが、ビーグレンは皮膚バリアをスっと通過してメラニンまで浸透できるんですね。

今すぐあなたの茶色の傷跡を元の色に戻すなら⇒ビーグレンの美白ケアはこちらから

美白ケア(trial)

まずはビーグレンのトライアルを試して!

ビーグレンの美白ケアは、国際特許をとったQuSome(キューソーム)と言う方法で作られていますので、他で手に入れることはできません。

また、メラニンを含んだ古い角質の除去や、追い出しやすい肌に整える基礎化粧品もセットで使うとより効果的に傷跡の茶色をケアできます。

でも自分の肌に合うかは使ってみないとわかりませんよね。

ですから、初めはこれらが全部入ったトライアルセットを試してみることをおすすめします。

たっぷり7日間ありますので、その間に自分の肌に合うかどうかを確かめることができますよ。

トライアルセットの内容

クレイウォッシュ(15g)メラニンを含んだ古角質を吸着

QuSomeローション(20mL)角質層を潤し透明感のある肌へ

Cセラム(5mL)ビタミンcの働きで古い角質やメラニン排出を促す

QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)ハイドロキノン配合のクリーム

QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)紫外線トラブルに強い肌を作る

あなたもメラニンをケアして、元の綺麗な肌を取り戻してみませんか?

顔の傷跡をわからないレベルに!⇒ ビーグレンの美白トライアルセットを見てみる

まとめ

以上、顔にできた茶色の傷跡をひどくしないための方法と、きれいに治すために必要なケアについてでした。

大人になってシミにように傷跡が残ると、「消えなかったらどうしよう!」って、心配になりますよね。

でも、きちんと正しい方法でケアしていけば、目立たないようにしていけます。

諦めずにコツコツと毎日のスキンケアで、傷跡にアプローチしてみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする