ダイエットが辛い!やめたいと思ったら読む食事と運動のコツ

女子なら誰しも、「ダイエットする!」「ぜったい痩せる!」と
決意したことがあることと思います。

けれど、あまりに辛くて諦めてしまった、という経験をした人も
同じぐらいの数いることでしょう・・・。

ダイエットを決意する理由は人それぞれ。

  • 服が入らない
  • 思ったようにおしゃれができない
  • 細い子と一緒にいると恥ずかしい
  • 写真に写りたくない
  • 好きなあの人に振り向いてもらいたい!

などなど。

でも、食事を減らして空腹を我慢するのって本当に辛い。

運動だってやってはみるけど、効果が出なくて続かない。

そもそも、忙しくて時間も取れない!という人も多いはず。

このページでは、女子が直面する「ダイエットが辛い、もうやめたい。けど痩せたい」という悩みについてまとめてみました。

思いつめて悩んでいる女子は、ぜひ目を通してください。

ダイエット中の女子は本当にたくさん苦しんでしまいがちなので、少しでも楽になってくださいね。

ダイエットもう頑張れない。そんな時どうする?

今ダイエットで悩んでこの記事を見ているあなたは、きっと「もう頑張れないかもしれない」と思っているはず。

それはあなたがここまで頑張ってきたからです。

もしかしたら、

・結果が出ないのは自分が怠けているから

・他の人は痩せるのに自分だけ痩せないのは努力が足りないから

・まだやれると思うのに自分に甘くしちゃう

なんて思っているかもしれません。

でも、頑張りも人それぞれですし、辛さも人それぞれ。

それがダイエットなんです。

「運動をすれば痩せる」と言いますが、誰もが簡単に運動できるわけではありません。

体を動かすことの好き嫌い、得意不得意も人によって違いますし、運動できる環境があるか?運動するための時間が取れるか?というのも人それぞれ。

「食事を控えれば痩せる」とも言いますよね。

でも、これだって人によって差があります。

例えば、実家暮らしで食事の内容を自分の意思で変えられないとか。

逆に一人暮らしで忙しくて、外食ばかりになってしまうとか。

このように、ダイエットに挑むといっても「人それぞれ」なんです。

それは努力の差とか、我慢強さの差ではなくて、単に「環境の差」です。

まずはそれを理解して、「自分の環境でできること」を見極めるのが、辛いダイエットを続けさせるコツなんです。

次につらいダイエットを乗り切る食事と運動のコツをご紹介します。

スポンサードリンク

辛いダイエットを楽にする食事のコツ

まず大切なことですが、「楽なダイエット」は存在しません。

なぜなら、太ってしまった原因になっている生活を、何かしら変えなければならないからです。

けれど、自分に合っていない方法を変えることで、「頑張ってるのにちっとも効果が出ない」から「頑張ったら効果が出た!」という結果にすることができます。

目に見えて結果が出れば、辛い気持ちだって前向きになれますよね。

食事をコントロールするダイエットの悩みの代表的なものについて、以下にまとめてみました。

1)実家暮らしで、食事の内容を変えられない時

痩せたいと家族に言っても、「必要ない」とか「食事制限なんて不健康だ」って言われること、あるんですよね。

でも作ってもらっているものを拒んだり、残したりするのも失礼だし・・・。

そんな時は、「主食の量を減らす」ようにしましょう。

特に、夕食の白米を減らすのがおすすめです。

2)忙しくて自分の食事に気を遣う余裕がない時

ダイエットしなきゃって思ってるのに、忙しくて食事に気を回す時間も余裕もない。

不摂生になって太って、ストレスが溜まって、という悪循環は、特に働いている女性に多いパターンです。

そういう場合は、逆に「手軽にできるダイエット食」に置き換えてしまうと一石二鳥ですよ。

ランチは外、夜は飲み会、なんていう生活が続いても、朝食をスムージーなどに置き換えればOK。

粉末を溶かすタイプなら、さっと済ませられるので楽ちんです。

辛いダイエットを楽にする運動のコツ

次に、運動をするダイエットが辛いと感じた時の工夫点を紹介します。

1)運動が苦手で続けられない時

ジョギングや筋トレといった「運動するぞ!」といったタイプの運動が続かない場合、「ながら」運動で筋肉を使うことを習慣づけましょう。

  • 通学・通勤で電車で立っている時に腹筋を意識する
  • テレビを見ながらバランスボールに乗る

などが効果的です。

2)運動を頑張っているのにちっとも効果が表れない時

しっかり運動しているにも関わらず痩せない場合は、以下の原因が考えられます。

脂肪が減っても筋肉がついたことで体重に変化が出ない

体重減少がなくとも体は締まっていて、基礎代謝も上がり、痩せやすい体になっているはずです。

ダイエットは数字も大切ですが、見た目の変化も大事です。

短期的な体重にこだわらず、ぜひ自分の体のラインもチェックしてみてください。

運動時間が短くて脂肪が燃焼できていない

有酸素運動の場合、脂肪が燃え始めるのは運動を始めた20分後と言われています。

また、ジョギングよりも大股でゆっくりと歩くウォーキングの方が脂肪は燃えやすいです。

ですから、30分くらい歩くことをぜひ続けてみてください。

慣れてきたら、徐々に歩く時間を増やして行くと、より結果が出やすくなりますよ。

運動で消費する以上のカロリーを摂取している

いくら運動しても、消費<摂取カロリーになってしまえば脂肪を蓄えてしまいます。

もしかすると、運動しているのに痩せないという人は、このパターンが一番多いかも?!

カロリーを消費していると言う安心感から、ついつい食べ過ぎていないか、もう一度チェックしてみてください。

これらはよくあるダイエットの悩みで、それぞれきちんと理由があるにも関わらず「努力が足りない」と自分を責めてしまいがちです。

「なんでこんなに頑張っているのに痩せないの?」

そう思ったら、ぜひ自分のやり方を見直してみてくださいね。

まとめ

以上、ダイエットが辛くてやめたい、と悩んでいる時に知って欲しい情報のまとめでした。

ダイエットが辛いのは、あなたが弱いからでも、怠けているからでもありません。

辛くなるまで続けたり、辛いような環境でも頑張ろうとしたからです。

その決意が折れてしまうのはとってももったいないこと。

「どうして辛いのか」「どうして効果が出ないのか」という原因を、しっかり探ってみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする