埋没毛を治すクリームのおすすめはコレ!ツルツルの白い肌に戻す5つの働きとは

あなたは足や脇のムダ毛処理の後、埋没毛で困ったことはありませんか?

よく黒いプツプツができたり、皮膚が黒ずんでしまうんですよね。

とてもじゃないけど恥ずかしくてスカートが履けない・・

ノースリーブも着れない・・

夏場は特に露出が多くなり人に見られる機会も増えますので、こんな埋没毛の悩みは女性にとって辛いですよね。

そこで今回は埋没毛を解決できる情報をお届けしたいと思いますので、ぜひ参考にしてください。

みんなに見られても大丈夫な肌を手に入れましょう!

自己処理はどうして埋没毛になるの?

自宅で行うムダ毛処理の場合、たいていは肌に負担がかかっています。

例えばカミソリでの剃毛は皮膚も一緒にカミソリで傷つけていますし、ピンセットで無理に脱毛してしまうと皮膚も引っ張ってしまいますよね。

ムダ毛処理で傷ついた皮膚は炎症を起こし、その傷を治そうと皮膚がかさぶたのように硬くなります。

すると毛穴まで固くなった皮膚がふさいでしまうので、毛が外に出てこれず中で埋もれた状態になってしまのです。

また刺激から肌を守ろうとメラニンが過剰分泌され、そのまま色素沈着して黒ずんでしまうこともよくあります。

特に脇や膝下はもともとメラニン色素が多い場所ですので、気を付けないとどんどん色素沈着がひどくなっていきます。

埋没毛はニキビや毛嚢炎などの肌トラブルにつながることもよくありますので、しっかりとケアする必要があるんです。

スポンサードリンク

埋没毛を治すにはこんなクリームがおすすめ

埋没毛を改善するために専用のクリームが売られていますが、購入する時に次のような点に注意してクリームを選んでみてください。

炎症を抑える成分入り

ムダ毛処理を繰り返した肌は傷つき炎症を起こしているので、肌の赤みや腫れを改善できる成分が入っているもの。

肌に優しい成分で出来ている

炎症を起こした肌はとてもデリケートになっているので、肌への刺激にならないような優しい成分でできているもの。

高保湿成分配合

保湿には、肌を柔らかくしターンオーバーを促進させる効果があり、きちんと保湿ケアを行うことで肌のバリア機能が向上してきれいな肌に戻すことができます。

ターンオーバーを促す

古い角質がいつまでもはがれないと、固い皮膚から埋没毛は出てくることができません。

古い角質をはがれやすくするため、肌の生まれ変わり=ターンオーバーを促してくれるものがよいです。

メラニンの生成を抑える

皮膚の硬化や黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑制してくれるもの。

これらの条件を満たしているものが、埋没毛のお悩みにおすすめできるクリームだと言えます。

シルキークイーンで埋没毛にサヨナラしよう

先にお話したように、埋没毛に必要な要素が全て入ったクリームを選ばなければ埋没毛の解決にはなりません。

そこで活躍してくれるのが今回ご紹介するシルキークイーンです。

上記でご紹介した埋没毛を改善するために必要な働きが全部揃ってます。

このシルキークイーンは天然由来の優しい成分でできていて、肌に刺激を与えることなく炎症を抑えてくれます。

またセラミドⅢやPCAなどの保湿成分が配合されていますので、角質の奥までしっかり潤いを与えながら肌のバリア機能を高めてくれます。

角質でガサガサになった肌もしっとり潤ことで、埋もれていた毛が外へ出てきやすくなりますよね。

他にもメラニン色素が過剰に生成されないよう抑えてくれるシナロピクリンという成分が含まれていて、黒ずみや色素沈着の改善にも役立ってくれます。

このシナロピクリンもアーティチョークの葉からとれたもので、メラニン作る信号を出すNF-kBという物質に直接働きかけてくれるんです。

そしてターンオーバーに欠かせないビタミンEも入っていますので、肌の生まれ変わりも促しながら健やかな状態へ導いてくれます。

シルキークイーンにはこんな効果的なものばかり入っているのに、無着色でパラベンやエタノールも使われていません。

だから安心して脇のようなデリケートな部分にも、毎日続けて使うことができるんです。

あなたの埋没毛の悩みにもきっと応えてくれる商品だと思いますよ。

⇒ シルキークイーンでボツボツ埋没毛にサヨナラする

まとめ

埋没毛がネックでいろいろ服装にまで制限がかかると、ファッションも楽しめなくなりますよね。

人の視線を気になりだすと、温泉に入ったり海水浴で水着になることも辛くなってしまいます。

もしあなたが埋没毛を早く治してツルツル・スベスベ肌になりたいのなら、症状が悪化しないよう早目にスキンケアを始めてください。

シルキークイーンであなたが肌に自信をもって、毎日オシャレが楽しめるよう応援しています。

⇒ シルキークイーンをもっと詳しく見てみる

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする