天使の美肌水は赤ら顔に効果アリ?白い肌に戻すには何が必要?

赤ら顔で悩んでいるあなた、スキンケアは何を使えばいいの?と悩んでいませんか?

天使の美肌水はドラッグストアで気軽に手に入る化粧水です。

赤ら顔の悩みを抱えている人は、手軽に手に入るものでケア出来たらいいですよね。

私もかつては愛用していました。

少しでも顔の赤みが良くなれば、メイクも楽になるし、自分の肌に自信が持てるようになります。

天使の美肌水、ここがすごい!

天使の美肌水の良いところは、とにかく肌に危険なものが、一切入っていないということ。

防腐剤なども入っていないので、本当に肌に優しいです。

ただ、添加物が入っていないため、商品の劣化を防ぐために、冷蔵庫で保管して、開封したら2ヶ月で使い切らないといけないんですけどね(^_^;)

でも、赤ら顔の人は、肌が乾燥して敏感になっていることが多いので、「肌に優しい」というのは、とても大切です。

スキンケアに気を使いたいなら、どんな美容成分が入っているかよりも、肌にどれくらい優しいか?ということが大切ですよね。

だから赤ら顔の人は、天使の美白水ってどう?って気になると思います。

スポンサードリンク

天使の美肌水の成分は安全?

念のため、天使の美肌水の成分表を書いていきますね。

超しっとり水タイプ

水、グリセリン、 尿素 、ヒアルロン酸

しっとりタイプ

水、グリセリン、尿素

さっぱりタイプ

水 、尿素、グリセリン

成分は多い順に入っています。

これを見てもらうとわかるとおり、余計なものは本当に入っていません。

ただ、残念なのは、赤ら顔のスキンケアに良いとされている保湿成分である、セラミドが入っていないこと。

なぜセラミドが入っていないといけないのか?

それは、

・セラミドが足りないと水分を保持できない

・化粧水をつけても、水分が飛んでしまう

こんなことが起こるからです。

つまり、天使の美肌水を使っても、無駄になってしまうかもしれないということですね。

乾燥を自覚しているなら、これはもったいないです。

ただし!赤ら顔を改善するならセラミドだけではダメ!

セラミドは、肌が乾燥して敏感になっている、赤ら顔の人のスキンケアには必須です。

でも、赤みを改善して白い肌を手に入れたいと思っているなら、セラミドだけを与えてもダメです。

それは、赤ら顔の原因はただの乾燥ではなく「血管の炎症による拡張」だからです。

あなたの顔の毛細血管は、炎症を受けて広がってしまい、そこに赤血球が溜まっています(だから赤い)

炎症の原因が乾燥だったとしても、一度広がると、保湿だけでは元に戻りません。

赤ら顔は、レーザー治療が効果的と言われますが、レーザでも治らない人もいるし、シミになるなど副作用が起こる人もいます。

でも、実は毎日のスキンケアで自分で改善できるんです。

自宅で赤ら顔を改善するには専用のスキンケアを!

今は、炎症を起こして広がった血管に、しっかり働きかける赤ら顔専用のスキンケアがあります。

「血管の炎症と拡張」に重点を置いて、そこに働きかける和漢エキスなどが配合されています。

だから、毎日のスキンケアに取り入れるだけで、広がった血管が治まってきますよ。

もしも天使の美肌水を毎日のケアに使いたいなら、赤ら顔専用のスキンケアで白い肌を取り戻してから、使ってみてはいかがでしょうか?

赤みが少なくなると、

・もうコンシーラーはいりません

・すっぴんでも出歩けます!

・透明感のある白い肌が手に入ります。

早い人だと1本使い終わる前に、効果を感じるようです。

返金保証もあるので、ひとまず使ってみるのも手ですね。

⇒ 赤ら顔専用のスキンケアを見てみる

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする