まぶたが下がると感じたらこの対策!ピンとしたハリが蘇るおすすめスキンケア

まぶたが下がって、なんだか重たい感じがすることはありませんか?

もしあなたがそう感じているなら、まぶたの下がる対策はどうしていますか?

まぶたが下がってしまうと、顔の表情にも大きく影響が出ますよね。

重たい目元は疲労感を感じさせ、実際の年齢よりも高く見られがちです。

どうにもならないとあきらめる前に、もう一度アイケアを見直してみませんか?

このページでは、あなたのまぶたをピンと上向きにするために必要な対策をご紹介します。

よろしければ参考にしてください。

まぶたが下がる原因はなに?

まぶたの皮膚の薄さってご存知ですか?

実はまぶたは体の皮膚の中でも一番薄い場所で、頬の1/3程度の厚みしかありません。

そのためにとても乾燥しやすく、デリケートな部分なんです。

また紫外線やアイメイクなど、外部からの刺激を受けやすい部分でもあります。

本来なら目元は特に注意してケアしてあげることが大切なんですが、なかなか意識することも忘れてしまいがちですよね。

実はここにまぶたがさがってしまう原因が隠されているんです。

それは、

  • 保湿が行き届かずに乾燥している
  • メイクやクレンジングで必要以上に肌を刺激している
  • 紫外線によるダメージ

こういったことが関係し、皮膚内部の構造自体を壊してしまいます。

すると皮膚はたるんでしまい、まぶたが下がってしまうのです。

また皮膚のハリや弾力は、真皮の部分に存在する繊維や細胞が網目のように絡まることでできます。

ですが乾燥に加え、加齢や紫外線の影響でその繊維や細胞は破壊され減少してしまいます。

これもまた、まぶたのハリに影響を及ぼしているのです。

まぶたを下げないために必要な対策とは?

ここまでのお話で、皮膚の薄いまぶたには専用のアイケアがとても重要だとお分かりいただけたと思います。

まず乾燥が大敵になりますので、しっかりと保湿することで皮膚のバリア機能をあげましょう。

そうすることで皮膚を健康な状態に保ち、アイケアに必要な美容成分もしっかり浸透させることができます。

また先にお話したように、皮膚の弾力とハリには真皮にある細胞や繊維の存在も欠かせません。

ハリのないまぶたはそのまま下へさがってしまいます。

皮膚のハリに必要なのは、主にコラーゲン繊維・エラスチン繊維・ヒアルロン酸と呼ばれるものですが、外部から補うことで増やすことができます。

このまぶたのハリに必要な土台を作るのにオススメなのが、ビーグレンの目元対策セットです。

ビーグレンはなぜまぶたのハリを取り戻せるのか?

まぶたのような薄い皮膚は潤いを蓄えるのが難しい場所ですので、いくら保湿しても乾燥してしまいます。

ですが「ビーグレン」が独自に開発した浸透技術(Qusome)は、皮膚の奥深くまで美容成分を行き渡らせることができます。

15種類の美容成分を閉じ込めた超微小カプセルがアイクリームに配合され、まぶたに塗ることで長時間保湿してくれます。

この特許技術のおかげで、まぶたの乾燥を防ぎながら皮膚を内側から健康な状態に保つことができるのです。

また「ビーグレン」には線維芽細胞因子(FGF(ヒトオリゴペプチド-13))と呼ばれるものが含まれていて、まぶたのハリに欠かせないコラーゲン繊維・エラスチン繊維・ヒアルロン酸を増やしてくれる効果があります。

実際これらを増やすために美容外科で線維芽細胞因子を注射してもらう人もいるぐらいですから、それを自宅でできるとなればお手軽ですよね。

実際に使用した人の多くがその効果を実感し、アイケア商品として世界に認められているのはこうした理由からです。

信頼性も高い商品ですので、一度試してみる価値は十分あります。

まずはトライアルから始めてみませんか?

⇒ ビーグレンの目元対策セットトライアルを見てみる

スポンサードリンク

まとめ

まぶたが下がってしまうと、なかなか元に戻すことはできません。

でもここであきらめてしまうと、状況はもっと悪くなってしまいます。

少し時間はかかるかもしれませんが、「ビーグレン」ならきっとハリのある若々しいまぶたを取り戻せます。

一度「ビーグレン」のトライアルセットを試されてはいかがでしょうか?

あなたの力強い味方になってくれると思いますよ。
目元ケア
⇒ ビーグレンの目元対策セットはこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする