肌ラボの白潤はシミが薄くなる?プチプラコスメの実力を紹介!

プチプラコスメの「肌ラボ」って、一度は聞いたことがあるシリーズだと思います。

ドラッグストアでもよく見かけますし、使っているという周囲の声も聞いたりしますよね。

「肌ラボ」シリーズには、「極潤」「極潤α」「白潤」などの商品ラインがあるのですが、

中でもシミに効くと言われているのが「白潤」シリーズです。

この記事では、

・肌ラボの「白潤」がどういう商品なのか?・本当にシミに効果があるのかどうか?

という情報についてまとめていきます。

「シミが気になるけど、白潤が効いたら嬉しいな」そんなあなたは、ぜひ読んでみてくださいね。

肌ラボは「プチプラ+詰め替え容器あり」のコスパの良さが魅力

肌ラボシリーズは、ロート製薬が手掛けている基礎化粧品です。

シンプルを売りにしており、容器のデザインもこざっぱりとしています。

お値段も安く、特に「詰め替え容器」の商品はコスパ◎

実際の効果を重視して買うというよりは、

「安くてじゃぶじゃぶ使えるので、リピートしている」

「ローションマスク用に重宝している」

という声の方が、よく耳にする気がしますね。

どこのドラッグストアでも扱っているので、手に入れやすいというのもポイントです。

スポンサードリンク

肌ラボ「白潤」の特徴は?シミは改善できる?

肌ラボの中でも、「白潤」シリーズは「しみ・そばかすを防ぐ」効果を謳っているシリーズ。

商品名の「白」は、美白の白をイメージしたものだと思われます。

白潤に含まれている有効成分は「高純度アルブチン」です。

アルブチンとは、美白効果の高いことで有名なハイドロキノンを参考に開発された成分で、

厚生労働省にも認可されている安全性が特徴。

ただし、その分ハイドロキノンよりは効果が低いとされていて、

肌トラブルのリスクが低い分、効果も感じにくいという感想を抱く人が多いようです。

アルブチンがなぜ美白成分と言われているかというと、メラニン色素を発生させる「チロシナーゼ」という酵素を抑える働きをしてくれるから。

チロシナーゼを抑える→メラニン色素を抑える→シミの元を作らせない

というメカニズムになっています。

ただ、ここで覚えておきたいのは、アルブチンはあくまで「シミの元を抑える」だけであって、今あるシミを消したり、薄めたりする効果があるわけではないということ。

「美白」という言葉で括ると誤解しやすいので、要注意です。

まとめ

以上、肌ラボの「白潤」シリーズについてのまとめでした。

安価な商品ラインだということもあり、劇的な効果を望むのは難しそうですが、

化粧水をじゃぶじゃぶと贅沢に使いたい、という場合には良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする