顔全体の過剰な皮脂でテカる時に速攻役立つ3つの裏ワザ

肌のテカりや過剰な皮脂分泌は、思春期ごろに誰もが経験する悩みだと思います。

でも、思春期だけの悩みじゃないのが困りどころ!

顔全体が皮脂過剰のオイリー肌って、本当に悩みのタネですよね。

いくら基礎のスキンケアを頑張っても、洗顔して一時間もすると顔がテカテカに・・・。

日中はメイクの上に皮脂が滲んでしまい、化粧がヨレたり、前髪がおでこに張り付いてしまったり。。

いわゆるTゾーン(おでこ、鼻)だけではなく、顔全体までという人も多いです。

この記事では、顔全体が皮脂でテカってしまう!

とお悩みの方へ、日々の生活でできるポイントをまとめてみました!

今日からすぐに試せることばかりなので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

肌がとにかくテカってしまう!オイリー肌の原因は?

テカりの原因は油、つまり皮脂にあります。

皮脂は皮脂腺より分泌され、本来の働きは肌の潤いを助けたり、肌に雑菌が繁殖しないように守る役割を果たしています。

でも、なんで顔だけテカってしまうのか気になりますよね。

実は皮脂は顔以外にも出るんですが、顔は特に皮脂腺の数が多いんです。

ちなみに、同じく皮脂腺が多いのは頭皮。

オールで遊んだりしたときに何だか髪がべたつくのは、そのせいだったんですね^^;

皮脂が多く分泌されてしまう原因についてですが、常にオイリー肌で悩んでいるタイプの方は、もともとそういう体質(肌質)であることが多いです。

生まれつきの皮脂腺の問題ですね。

また、皮脂の分泌はホルモンと密接に関係しているので、ホルモンバランスが崩れると悪化することがあります。

思春期に特にテカりやすいのは、二次性徴を迎えてホルモンの分泌が変わる時期だからと言われています。

ホルモンバランスは、環境が変わったり、生活習慣が乱れていたり、ストレスを抱えていたりすると崩れやすいので、思春期を過ぎても悩みの種になりがちです。

慢性的にではなくたまにとか、最近肌の調子が崩れてテカる場合は、こちらが原因と言えます。

スポンサードリンク

オイリー肌で悩んでいる時に気を付けたいこと

元々皮脂過剰の人も、時々の人も顔全体のテカリが気になる時は、以下の3つのことに注意してください。

・化粧下地に気を付ける

・朝のスキンケアもしっかりする

・洗いすぎないようにする

化粧下地に気を付ける

皮脂は取っても分泌されてしまうものなので、日中の対策としてはメイクが重要。

その上で一番ポイントになってくるのが下地選びです。

一般的に「潤いを与える」と言われるような下地は、オイリー肌の人にはべたつきすぎてしまうことも。

また夏場と冬場では環境が違うので、それぞれの季節にあった下地を選ぶようにしましょう。

日中過ごす場所の「気温」と「湿度(乾燥具合)」を意識するのが大事です。

どんなものがいいかわからない時、1年中使える下地がいい時は、

シルキーカバーオイルブロックがオススメですよ。

これ本当に1日中テカらないので、皮脂が気になる私は手放せません。

朝のスキンケアもしっかりする

スキンケアって、夜はしっかり時間を掛けてやっても、朝はバタバタしていておざなりだったりするもの。

でもオイリー肌の人は、寝ている間も皮脂が出ていて、毛穴に汚れが溜まっていることが多いんです。

そういう状態で、朝適当なケアをしてメイクをすると、日中になって毛穴から皮脂が出てきてしまいます。

もし「しっかりケアしてるのに治らない!」という場合は、朝のケアにも注意してみてください。

具体的には、洗顔のあとしっかり化粧水を浸透させ、水溶性の保湿美容液で整えると乾燥を防ぐことができるので試してみてください。

乾燥していないときは、皮脂の分泌も穏やかになりますよ。

洗いすぎないようにする

洗顔のしすぎは皮脂過剰の悪化を招くので注意が必要です。

顔がテカテカ・べとべとだと、とにかく油っぽい汚れを落としたくなりますよね。

でも強く洗顔をすると、肌への刺激となり逆効果です。

ゴシゴシこするのは絶対にやめましょう。

お湯の温度に気を付けて、汚れを溶かし出すような洗い方が理想です。

この時に使う洗顔料や石鹸も、清掃力の強いものを使ってしまうと必要な皮脂まで取られます。

すると、肌は「皮脂がなくなったから乾燥してしまう!」と焦って、余計に皮脂を出そうとしてしまいます。

べとべとを取り去るのは気分的にもすっきりしますし、習慣になっている人も多いので、気を付けてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

夏も冬も悩まされるオイリー肌は、日々のスキンケアやライフスタイルによって悪化も改善もしやすいもの。

また、どうしても1日中綺麗な肌をキープしたいなら、下地選びも大切です。

スキンケアで過剰な皮脂が出ないように気をつけつつ、つるつるお肌を目指していきましょう♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする