アイクリームで目元をピン!50代で絶対に使っておきたいおすすめのスキンケア

50代になると、目の周りはいろいろな問題を抱えるようになります。

年齢とともに増える小じわ、くま、たるみは避けて通れないのでしょうか?

鏡を見るのも嫌になる・・これは辛いですよね。

目元はその人の見た目年齢を左右するポイントです、女性としては気になりますよね。

このままあきらめて目元の悩みを放置していても、状況はよくなりません。

このページでは、そんな悩みを抱えた50代の女性にぜひおすすめしたいアイクリームのご紹介です。

ぜひ参考にしてくださいね。

50代の目元はなぜ衰えるのか?

女性は50代を迎えると、卵巣の機能が低下し、そこから分泌される女性ホルモンがぐっと減っていきます。

女性ホルモンは、肌のハリや弾力を保つコラーゲンを作ったり、皮膚の生まれ変わりをになっています。

このホルモンが減少するので、弾力がなくなりどうしても目元にシワやたるみが目立ってきてしまうのです。

またコラーゲンの生成能力が落ちることで、元々薄い目の周りの皮膚が、50代を迎えるとさらに薄くなります。

角質層が薄くなると、そこに抱え込むはずだった水分量も減っていくので、乾燥が進んでしまうんですね。

50代の女性がアイクリームを選ぶ場合、いかに弾力を与え乾燥から守るかが、選ぶときの大きな基準になると思います。

スポンサードリンク

50代の女性へ!アイクリームの正しい選び方

680281

50代の女性がアイクリームを選ぶときは、以下のことをぜひ意識してみてください。

浸透力の優れたもの

私たちの皮膚は皮脂で覆われているため、化粧品の成分はなかなか浸透してくれません。

いくら良い成分が入っていても、浸透できなければつけていないのと同じこと。

アイクリームは大きさの割に高価なものが多いので、浸透しないものを選んでしまうとお金が無駄になってしまいますよね。

ですから、必ず浸透力のあるものを選んでみてください。

ハリを与えられるもの

ハリや弾力のない皮膚は、たるみやゆるみの原因になります。

いくら保湿力が高いアイクリームでも、それだけでは目元の悩みは解消できません。

ハリや弾力を取り戻すには、皮膚内部のコラーゲンなど土台を支える部分を増やす成分が必要です。

アイクリームの中にそうして成分が入っているものを選びましょう。

そしてこれらの条件を満たしてくれるのが、「ビーグレン」なんです。

効果抜群!「ビーグレン」に隠されたすごい技術!

「ビーグレン」のアイクリームは、とにかく肌への浸透力がすごいのが特徴です。

医療機関も注目する浸透技術により、独自に開発された超微小カプセルに詰め込まれた美容成分が、皮膚の薄い目元にしっかり行き届きます。

またその中には、線維芽細胞因子(FGF(ヒトオリゴペプチド-13))と呼ばれる物質が配合されています。

FGFには肌のハリに必要なコラーゲン繊維・エラスチン繊維・ヒアルロン酸を増やす働きがあります。

ですから、ただ塗るだけでしっかり肌内部に届き、ピンと弾力のある目元が手に入るわけですね。

実際に使った女性の口コミには、

・若々しく健康的な印象になった

・使った翌日に気づくほどハリ感が出た

・敏感な目元に使っても優しい使い心地

などの声が多く聞かれます。

化粧品ですが、浸透力は医療レベルなので、気になる目元の悩みを解決するには、ビーグレンの目元ケア商品は、十分検討する価値があると思います。

デリケートな目元部分に使うアイクリームですから、ご自分の肌に合うかどうか、今までの化粧品とどこが違うのか確かめるためにも、まずはトライアルセットをぜひ使ってみてください。

⇒ ビーグレンのアイクリーム目元ケアはこちらから

「あれ?私の顔ちょっと若返ったかも?」と気づく朝がやってくるかもしれません。

「エステでも行ったの?」なんてお友達に聞かれてしまうかも、しれませんね^^

まとめ

年齢とともに変化する肌環境、とくに目元はその影響がそのまま目に見えて現れてしまいます。

同じ顔の中でも、皮膚の薄い目元には、目元専用のアイケア必要です。

年齢を戻すことはできませんが、きちんとしたケアで見た目年齢を変えることはできるはず。

今回ご紹介した「ビーグレン」のアイクリームは、50代のアイケアにぴったりの商品だと言えます。

この機会に一度試されてはいかがでしょうか?
目元ケア

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする