肌に透明感を出す食材とは?キレイになるために毎日摂りたい栄養素

誰も憧れる白雪姫のような肌。

白くて、陶器のようにすべすべで、

透明感があって・・・。

そういうきれいな肌の人を見ると、

「私もこういう肌になりたい!」

って思いますよね。

全体的に色素が薄い人は生まれつきかもしれませんが、

さりげない透明肌美人を見ると、

どうしても憧れてしまいます。

今日は、そんな透明感のある肌を目指すためには何をすべきか?

どんな食材を食べれば良いのか?

それ以外に気をつけるべきことはあるか?

ということについてまとめてみました。

気を付けるべき生活習慣についても書いていきますので、

今日から早速試せる内容になっています!

白く澄んだ肌を目指している人は、

チェックしてみてください。

透明感のある肌とはどんな肌?

「透明感のある肌」とは、

「美白」とも言い換えられます。

つまり逆に言えば、

汚れの原因がない肌、

ということですね。

では汚れの原因とは何なのでしょうか?

ありがちな肌トラブルは以下のとおりです。

シミ、しわ、くすみ、ニキビ・・・

これらがあると、

元の肌がどれだけきれいな色であっても

「汚れ肌」に見えてしまい、

透明感がなくなってしまうわけです。

スポンサードリンク

「汚れ肌」を防ぐにはどうしたらいい?

上に書いたような肌トラブルを防ぐには、

それぞれに適した対処をする必要があります。

・シミ対策

・シワ対策

・くすみ対策

・ニキビ対策

これらについてまとめました。

シミ対策

どんな季節のお出かけでも、

紫外線対策は怠らないようにしましょう!

特に「冬場の晴れ」「夏場の曇り」は、

ついさぼってしまいがちです。

肌に受けた紫外線のダメージは

直接見えないので、

大丈夫だと油断せずにきちんとケアしましょう。

シワ対策

目元や口元などの保湿を

しっかり行うことが対策になります。

冬場のお風呂上がりは重点的にケアしましょう。

くすみ対策

冷え性を治すと、

顔のくすみが改善されます。

手足の冷えを放っておかずに、

きちんと温めてあげてください。

ニキビ対策

20代以降のニキビは、

ホルモンバランスの崩れが原因になります。

・ホルモンバランスが崩れないよう、体を冷やさない

・睡眠を十分に摂る

これらが必要です。

透明感を保つために有効な食材は?

透明感のある肌を保つためには、

体の中からのケアがとても大切です。

「本当に食べ物なんかで肌の透明感が変わるの?」

と思われがちですが、

食べ物は肌を作る「もと」になるものです。

スナック菓子ばかり食べていて

肌がひどいことになった、

という経験がある方も多いのではないでしょうか。

ただし、1回でキレイになる食材はありません。

継続することが大切です。

透明感のある肌は、血行が良く、

艶があります。

そのためには体を温める食材が有効です。

積極的に摂取しておきたい食材は「温野菜」です。

体を温める食べ物は、

冷え性を防ぎ、

くすみの原因をなくしてくれるのです。

また、根菜類も体を温め、

血行が良くなるので、

生き生きとした肌を保つためには、

積極的に取りましょう。

生野菜のサラダは体を冷やしますので、

お勧めできません。

また、野菜だけじゃなく、

肉、魚、豆類、海藻類など、

バランスも重視してください。

飲み物にも気を配る

食べ物ばかりに気をつけて、

冷たい水やジュースをたくさんのんでは、

意味がありません。

飲みもにも気を配ってください。

体を温めるための手段としては

「ハーブティー」がおすすめです。

また、肌に良いものとしてはやはり

「スムージー」でしょう。

飲みにくい場合は牛乳や豆乳で割ってOK。

この場合、冷やさないのが最適です。

粉末タイプだったり、

ドリンクタイプだったり、

市販のスムージーもかなり増えてきましたが、

できれば手作りにしたいところです。

やはり手作りの作り立てが

一番栄養価が失われずに済むからです。

もっとも手軽なのは、

人参とりんごのスムージーです。

必要な栄養素、ビタミン、糖分など、

バランスよく取れますよ。

食べ物以外で透明感を出すために気をつけることは?

食べ物以外では以下の3つに、

気をつけてみてください。

・睡眠時間をきちんと確保する

・クレンジングに気を付ける

・タバコは吸わない

睡眠時間をきちんと確保する

体の中からきれいにする、

と考えるとついつい食べ物ばかりに、

気持ちが集中してしまいます。

でも実は睡眠が肌にとっては最も大事。

綺麗な肌は、寝ている間に分泌される、

成長ホルモンが作るからです。

その成長ホルモンが一番分泌され、

肌細胞が回復するのは、

夜11時から2時くらいまでです。

その間は活動を止め、

きちんと肌を休ませるのが一番。

日付が変わる前に布団に入るのが最も理想的です。

早く寝るという習慣は、

早く化粧を落とすという習慣にも繋がるので、

肌にとっては一石二鳥ですね。

また成長ホルモンが分泌されて、

その修復が終わるまでには、

さらに3時間くらいかかります。

トータルすると、

肌のためには最低でも6時間の睡眠が必要になります。

もしも肌に良いと言われる食材を、

一生懸命食べても納得いく肌にならないときは、

睡眠時間を改善してみてください。

クレンジングに気を付ける

クレンジングをきちんと行うことで、

メイクの色素沈着を防ぐことができます。

目元あたりが中心になりがちですが、

耳の近くや額の生え際、

顎など落とし忘れに注意してください。

ただし、クレンジングは肌に負担がかかるので、

時間をかけて強くこすればいいというものではありません。

タバコは吸わない

習慣やストレスでどうしてもタバコがやめられない!

という人もいるかと思います。

が、タバコが肌に悪いのは周知の事実ですね。

ビタミンを壊してしまうので、

いくら肌を守ろうと努力しても、

どんどんボロボロにしてしまいます。

実際、私も何年もタバコを吸っていたのですが、

やめてからの一年間で

みるみるうちに肌がきれいになりました。

食べ物にこだわりを持つなら、

その栄養を壊すようなことは、

自からしないようにしましょう。

まとめ

以上、透明感のある肌を作るためのまとめでした。

こうしてまとめて見ると、

肌を健康に保つために

必要なことってたくさんありますね。

でも、どれも

「規則正しい生活習慣」に

基づいた基本的なことばかり。

心身ともにきれいにするためにも、

ぜひ一度、自分の習慣から見直してみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする