市販のビタミンc飲料は本当に肌に効果があるか?検証してみました

よくコンビニや薬局で見かける「ビタミンC飲料」、

あなたは飲んだことがありますか?

栄養ドリンクのコーナーに、

可愛いパッケージで置かれていますよね。

私は寝不足の時、

肌荒れがひどいときに良く飲んでいます。

あのすっぱい味が「効いてる」って感じがして、

肌にいいことしてるんだ!

って気分になれるんですよね。

けれど、あのビタミンC飲料って、

実際に効果はあるんでしょうか?

味も結構おいしいし、

もしかして「良いことした気分」になってるだけで、

実はただのジュースなんじゃ・・・。

なんて思ってしまうこともたまにあります。

そこで今回は、ビタミンC飲料に効果はあるのかどうか、

についてまとめてみました!

「お肌のために飲んでいる」という人は、

本当に肌にいいのか?確かめてみてください。

ずばり、ビタミンC飲料でビタミンCは摂取できるのか?

女性の美容意識が高まっているのか、

ビタミンC飲料はどんどん増えていますよね。

C1000タケダ、キレートレモン、ハイシー、チョコラBB・・・

一つのコンビニを覗くだけでも、

何種類も手に入れることができます。

このビタミンC飲料、

よく「レモン何個分」なんて書かれていますが、

本当にそれだけのビタミンCが含まれているんでしょうか。

答えは「ちゃんと含まれている」が正解です。

パッケージには「レモン1個分」が

ビタミンCどれぐらいを指すかということと、

この商品にどれだけのビタミンCが含まれているか

ということがしっかり書かれています。

ただし、ドリンクに入っているビタミンCは、

「普通に摂取するより効果が低い」と言われています。

というのも、液体として長期保存できるようにするために

熱処理を加えていたり、

長時間置かれたことで

劣化してしまっていることが考えられるからです。

(ビタミンCは熱に弱く、加熱すると成分が壊れてしまいます)

スポンサードリンク

ビタミンCを摂取するときにドリンクを選ぶのはアリ?

さて、ビタミンCのドリンクは、

サプリや野菜・果物よりも

効果が低い可能性がある、

というのが上での結論でした。

といっても、多少効果が低くても、

ビタミンCがとれるならいいじゃん、

って思いますよね。

私は結構あの味が好きなので、

「飲まないよりは良くない?」と思うのですが・・・。

もちろん、ビタミン摂取のためには

飲まないよりは飲んだ方が良いです。

ただ、あの飲料にはビタミン以外の成分も

たくさん含まれています。

それこそダイエットの天敵の糖分や、

味を調えるための人工甘味料も・・・。

一応カロリーなんかはチェックしてから

飲むようにしているのですが、

毎日飲む習慣をつけるとすると、

ちょっと「ちりつも」かもしれませんね。

また、ドリンクを飲むときに気を付けたいのは、

「これさえ飲めば補える」

という考えになりがちなところです。

私自身、自覚があるので耳が痛いのですが、

このようなドリンクに頼る女性は

「あまり自炊をせず、食習慣が荒れている」

人が多いのだそう。

まさに自分のことだ・・・!

と思ったあなたは、

ドリンク以外の食生活も

見直してみた方が良さそうです。

飲むだけで全てが改善する

魔法のドリンクなんてないのです。

あまり摂取効率が良くなく、

糖分を摂ることになってしまうぐらいなら、

野菜のスムージーなどに

置き換えた方がいいかもしれません。

まとめ

以上、ビタミンCのドリンクには効果があるのか?

についてのまとめでした。

「味もおいしいし、ビタミンもとれるならラッキー」

なんて思って飲んでいましたが、

確かに言われてみると、

毎日飲むっていうのはカロリーが気になってきますよね。。

ただ、甘い紅茶やジュースを選ぶよりは

体に良いのは事実です。

それに、

「食欲がなく風邪気味かもしれない」

という場面では、

積極的に活用していける商品ですよね。

「これ一本でOK」

なんて頼り切るのは良くないですが、

補助として上手く取り入れていきたいですね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする